全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 月刊クレスコ 
月刊クレスコ
2020年2月号 1月20日発売 
特集 「Society 5.0」に向けた「教育」って?
最近、「Society 5.0」という言葉をよく聞きます。
それは、1.0狩猟、2.0農耕、3.0工業、4.0情報化に続き、
AIが発達して様々な社会的課題を解決してくれる
「人間中心の社会」なのだそうです。

経産省と文科省は競い合うようにしながら、
「Society 5.0に向けた教育」のビジョンを打ち出しています。
その中心は、「公正に個別最適化された学び」。
学校では、そのためのICT環境の整備と民間産業の参入が
かつてない勢いで進行しています。

こうした動きは、学校と教育のあり方を
どのように変えようとしているのでしょうか。
学びの質や子どもの成長・発達は、どうなるのでしょうか。

本特集は、「Society 5.0」に向けた「教育」について、
その実態とねらいを明らかにするとともに、
子どもの成長・発達を保障するために
どう立ち向かっていったらよいのか、考える一助となりたい。

特集 「Society 5.0」に向けた「教育」って?          

Society 5.0」の未来社会像と「教育改革」構想の本質

佐貫浩

14

<資料>「Society 5.0に向けた人材育成」が想定する教育と学校とは?

 

18

Society 5.0と学校の間にあるもの

大瀬良篤

今井政廣

20

プログラミング教育について考える

古山直幸

22

11台タブレット」の現実

小田真里恵

23

市場化されていく教育と子どもたち

平野倫明

24

産業界のニーズに合わせた工業高校の学科改編

鈴村紀代子

25

Society 5.0」より目の前の生徒を

本多由紀子

26

情報教育と教科「情報」の役割

長谷川友彦

28

病院内教育の役割とICTの可能性と盲点

栗山宣夫

30

デジタル・シティズンシップとメディア情報リテラシーの育成を

坂本旬

32

「教育のICT化」と公教育の融解、私たちのとりくみの課題

宮下直樹

36

 

連載・シリーズ

<私の出会った先生143>戦争の体験をもとに生き方を問い、人間探求を続ける

橋本紀子

2

<世界の取材現場から見た日本1072020年。さようなら、沈黙たち

金平茂紀

4

<授業で憲法を語ろう>障害がある生徒たちにこそ主権者としての憲法学習を

中島芳明

7

<子ども理解と発達保障>子どものことをわかろうとする姿勢

宮本郷子

8

<栄養教諭のお手軽レシピ59>「きなこトースト」

猪瀬里美

10

<一冊の本に出会う㉟>あなたの幸せがわたしの幸せ

横山眞佐子

11

4コマ漫画>萩トモロ―の4コマ漫画

萩トモロー

12

<教育最前線㊿>「1年単位の変形労働時間制」の導入反対

糀谷陽子

39

<子どもたちの生きる世界と向き合う>保健室の見守り役

嶋崎由佳

40

<教材のタマ手箱>1つのオレンジから学ぶ 対立の解決

柏村みね子

43

<先生が先生になれない世の中で>土佐町の挑戦を、大きなうねりに!

鈴木大裕

45

<名画に出会う119>アンリ・ルソー「サン=ニコラ河岸から見たシテ島」

堀尾真紀子

46

<この映画 見ましたか?> 「母との約束、250通の手紙」

海南友子

47



子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2020年4月号 3月19日発売
特集 2020 「せんせい」になるあなたへ
生命と生命のひびきあい……鈴木大裕(教育研究者・土佐町議会議員)
子どもたちとともに成長して……福岡篤紀(広島・元中学校教員)
座談会「私が『せんせい』になった時……」……(全教青年部)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.