全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話 
声明・見解・談話
【談話】2008/04/21
『父母や教職員の願いに反する「教育振興基本計画について(答申)」を抜本的に見直し、教職員定数増など教育条件整備のための予算の拡充を求めます―中教審「教育振興基本計画について~『教育立国』の実現に向けて(答申)」について―』
2008年 4月21日 全日本教職員組合 書記長 東森 英男

 中教審は、4月18日総会を開催し、改悪教育基本法に基づく「教育振興基本計画について(答申)」(以下「答申」)を決定し、文部科学大臣に提出しました。
 「答申」は、道徳教育について「学習指導要領の趣旨を踏まえた」という文言を新たに加え、「適切な教材が教科書に準じたもの」として活用されるよう「国庫補助制度」を創設するなど、政府の教育内容への介入をいっそう深めようとするものとなっています。さらに、教育予算増、教職員定数増については、具体的な数値もなく、少人数学級にいたっては記述すらされていません。また、「小中学校の耐震化1万棟」も地方自治体に「要請する」として、国の責任も明確にされていません。
 このように「答申」は、「教育振興」とは程遠いものとなっており、道徳への予算措置に特化したもので、総じて、やってはならないことを計画し、やらなければならないことは計画もしないものとなっています。
 4月18日の中教審総会や、その後開かれた初等中等教育分科会と教育課程部会との合同部会でも、委員から「財源の確保を」「教員は、精神的、肉体的にギリギリ」「教員定数の改善を」との意見があいついだと言われています。
 貧困と格差が広がる中で、高校授業料の負担に耐えかね中退する子どもや、給食費を払えずに苦しんでいる家庭も少なくありません。また、教職員の長時間過密労働は、教職員の心身を蝕み、病気休職者数は年々増加の一途をたどっています。
 そもそも教育行政は、こうした教育現場を支援し、どの子にもゆきとどいた教育を保障するための教育条件整備に責任を負うべきものであり、教育内容に対しては不介入を貫くべきものです。全教は、あらためて教職員定数増や30人学級の実現、就修学保障の拡充などを政府・文部科学省に強く求めるものです。
 今後、「教育振興基本計画」が閣議決定されれば、少なくとも今後5年間、教職員定数増などの教育条件整備に関する計画を策定せず、子どもたちに「愛国心」をはじめとする徳目押しつけ教育を推進するものとなりかねません。
 以上のことから、全教は、「教育振興基本計画」を閣議決定することに反対するとともに、父母・国民、教職員の共同と団結を大いに強化し、国民の力で教育をつくるとりくみに、全力をあげるものです。
 
 
以上

2008-04-21 00:00:00

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2019年9月号 8月20日発売
特集 「学ぶって楽しい」を広げたい
学ぶ楽しさを求めつづける子どもと先生たちへ……小佐野正樹(科学教育研究協議会)
「学ぶって楽しい」を広げるための条件整備を……糀谷陽子(全日本教職員組合中央執行委員)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.