全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 声明・見解・談話 
声明・見解・談話
【談話】2019/12/25
2020年度政府予算案の閣議決定にあたって

1219日、政府は2020年度政府予算案を閣議決定しました。

  これに対し、全教は1225、標記の書記長談話を発表しました。

  2020年度政府予算は2年連続で100兆円の大台を超え、6年連続で過去最大を更新しています。中でも防衛省予算は膨張し続け、「戦争する国」づくりにひた走るものです。

文部科学予算は今年度当初予算を下回り、国民的願いである35人以下学級や教職員定数改善、教育無償化などに背を向けたものとなっています。安倍「教育再生」を押しつけ、公教育を破壊する「教育の市場化」などに関する予算が膨らむ一方、すべての子どもたちが豊かに学ぶ教育政策や安心安全の学校づくりが後景に追いやられています。貧困と格差が広がる中で教育無償化を求める声が大きくなっていますが、十分に応えていません。せめてOECD諸国並みの教育予算を実現し、教育無償化をすすめることが求められています。



2019-12-25 17:55:26

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
新型コロナウイルス感染症 全教のとりくみ
3000万署名はこちら
リーフ署名
動画:学習資料
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2020年4月号 3月19日発売
特集 2020 「せんせい」になるあなたへ
生命と生命のひびきあい……鈴木大裕(教育研究者・土佐町議会議員)
子どもたちとともに成長して……福岡篤紀(広島・元中学校教員)
座談会「私が『せんせい』になった時……」……(全教青年部)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.